ムダ毛とは一体何?どこの毛の事?

ムダ毛とは一体何?どこの毛の事?

未分類 0 Comment

ムダ毛といっても何の役割もないのか

現代では、とにかく邪魔者扱いされるムダ毛。
本来は、ムダ毛という名前ではなく、生える場所によって名称があります。
要らないと思うからムダ毛なのですが、本当は大事なものであることも多いのです。
何のために生えてくるのか考えてみると、かなり大事なものであることがわかります。

ムダ毛とは一体どこの毛か

ムダ毛という基準は何かといえば、その人が邪魔で要らない毛であるとすれば、それはすべてムダ毛です。
ですが、髪の毛をいらないという人はまずいないでしょう。
まつげや眉毛も同様です。
こうした毛以外をムダ毛と呼ぶことがほとんどとなるわけですが、本当に要らないのかといえばちょっと異なるということも考えなければいけません。

毛の持つ役割

毛がなぜ生えてくるのか、根本的な部分から考える必要があるでしょう。
毛が生えることで、保温ができるようにもなりますし、外部の温度を遮断することもできます。
つまり、温度調節機能を持っているといえます。

毛があることによって、外部からの衝撃などから守ることもできるでしょう。
ワンクッションになるということですが、それだけ保護ができるようになります。
守るということでは、紫外線など体に悪影響を与えるひかりから守るということも重要でしょう。
直接さらされないようにするだけで、肌を守ることができるのです。
こうした保護機能を毛に持たせているのは、それだけ皮膚は弱いものであるということがわかるでしょう。
その肌を守るためになくてはならないものなのであり、直接外気にさらされないようにしたり、摩擦から守ったりするのも毛の役割なのです。
ほかにも、発汗をスムーズにするために存在していたり、毒素を排出したりするのも毛の役割なのですから、非常に多くの役割を持っているといえるでしょう。

体を守るために生えてくるということ

ムダ毛として処理されてしまうこともある腋毛は、実は皮膚同士の摩擦から守ってくれています。
腕はとかく動かす部分なのであり、その摩擦で切れてしまったりすれば、生活に支障が出てくるようになるでしょう。
自然と体を守るために発達し生えてきたといえます。

陰毛はといえば、生殖器を守るために生えるのはわかるでしょう。
人間という存在を守り続けていくために必要なのであり、ダメージからも守る必要があります。
このあたりからもなぜ毛が生えているのかを考えなければいけません。
ただ要らないといってしまうのは簡単です。
しかし、体を守っているということを考えれば、どこまで脱毛するべきかどうかも見えてくることでしょう。

作成者

ページトップへ戻る