剃ったら濃くなると言われているムダ毛処理。噂は本当か・・・

剃ったら濃くなると言われているムダ毛処理。噂は本当か・・・

未分類 0 Comment

ムダ毛は剃ったら濃くなるのは本当か

ムダ毛の悩みとして、なんでこんなに濃くなるのだろうかということがあるでしょう。
剃ってしまうと濃くなるから駄目だという人もいます。
では、ひげは剃っていると、永遠に段階的に濃さを増すでしょうか。

男性ホルモンとムダ毛

ムダ毛が濃くなるということは、ひとつに男性ホルモンの問題があります。
男性ホルモンは、男性毛を生えやすくするとともに、前頭部や頭頂部の頭髪を薄くさせてしまう効果も持っていることがわかっているのです。
体つきを男らしくするのも男性ホルモンの役割であり、男性には女性よりも多く分泌されます。
だから男性のほうが濃くなりやすいわけですが、その量は1日にして7mgといわれているのです。
この男性ホルモンの分泌によって、毛は濃くなるわけですが、いつも同じ量が分泌されてきているわけではありません。

ストレスとも関係する

男性ホルモンは、個人差はあるものの10代半ばあたりから増加して行きます。
ちょうど第二次性徴期と同じころといえるでしょう。
だいたい30代後半までが多く分泌されるころと考えていいでしょう。
この年代までは、どんどん濃くなって行くことを実感できるはずです。
しかし、この時期を過ぎると、だんだんと力を失い、毛が濃くなったと感じることはなくなって行きます。

こうした毛の濃さは、遺伝といわれることもあります。
全くないとは言えませんが、普段の生活が大きな影響を与えることは確かです。
生活習慣や食べ物ということも大きく関与し、男性ホルモンの分泌に影響して行くのです。
もうひとつ、ストレスも関与するといわれていることも忘れてはいけません。
ストレスがかかると、耐えるために男性ホルモンが過剰分泌されるといわれているのです。
はっきりとはわかっていない部分もありますが、生活環境を無視してはいけないといえるでしょう。
人間の体は、作り物ではないからです。

剃ったら濃くなるのか

剃るということが、どこまで影響があるかといわれると、はっきりとわかっていないというのが現状です。
いろいろな説が飛び交いますが、肌の防衛反応がかかわっていると考えられています。
表皮とともに剃ってしまうことにより、反応するということになりますが、個人差もあるため、確実に影響しているとは言えません。
処理頻度が多くなると濃くなるともいわれますが、濃いから処理頻度が多いとも考えることができるでしょう。
そうなると、剃ったことで濃くなるということは否定されてしまいます。

男性ホルモンと剃ることは、どちらも影響するというのであれば、ある一定の年齢まで避けることはできないとなってしまうでしょう。
もしも、すっきりさせてしまうのであれば、脱毛をして、その原因を絶ち切るしかないといえるのです。

作成者

ページトップへ戻る