男性ホルモンとムダ毛の関係

男性ホルモンとムダ毛の関係

未分類 0 Comment

体毛はすべて同じじゃない!ホルモンとの大きな関係

体毛というものは、男性ホルモンに影響されることがわかっています。
ですが、それだけではわからない体毛も存在するのです。
つまり、男性ホルモンだけに影響されるのではなく、他にも原因があり生えてくるということを理解する必要があるでしょう。

男性ホルモンに影響を受ける男性毛

男性ホルモンに影響される体毛を、男性毛と呼びます。
女性でも男性ホルモンが分泌されていますので、影響を受けることになりますが、男性のほうが強く出るということになるでしょう。
男性毛の代名詞ともいえるのが、前頭部や頭頂部の頭髪です。
男性ホルモンが大きな影響を与えるAGAなども、この前頭部や頭頂部から始まります。
他にもひげや胸毛というのも、男性毛であるといえるでしょう。

基本として考えると、男性ホルモンの影響を受けると体毛は濃くなります。
頭髪は逆に薄くなるというのが、ひとつの流れです。
脚の毛や背中の毛なども男性毛といっていいでしょう。

第二次性徴期になると生えてくる両性毛

男性毛に比べて、男女ともに密度もあまり変わらない部分があるでしょう。
たとえば、AGAの男性だからといって、異常に濃くなったりするわけではないのが腋毛です。
女性でも生えてきますが、男性でも同じように生えます。
ですが、子供のころにはなかったでしょう。
その点では、陰毛も同じように、ある一定の時期から生えてきます。
これを両性毛と呼んでいるのです。

両性毛は、性ホルモンの働きによって生えてきます。
つまり、一定の成長をしたのち、第二次性徴期を迎えると生えてくるのです。
だからといって、男性ホルモンに影響を受けていないわけではありません。
女性でも男性ホルモンに影響され生えてきます。
ただし、男性的な特徴ではなく、女性にも生えることから両性毛と呼ばれているのです。
この辺りが男性毛との違いです。

ホルモンに影響されにくい無性毛

男性ホルモンに影響された体毛ですが、まったく影響を受けない部分があることにも気がつかなければいけません。
ホルモンの分泌が弱く、そこまで影響を受けていない赤ちゃんでも生えてくる毛があります。
眉毛やまつげ後頭部や側頭部の毛は、生まれた時から生えてくるでしょう。
頭部の毛はないこともありますが、まつげや眉毛はあるものです。
成長過程とは全く関係のない段階で生える毛なのであり、性ホルモンにも影響をうけにくいため、こうした体毛は無性毛と呼ばれています。

同じような体毛に見えても、ホルモンの影響を受ける部分に違いがあることがわかるでしょう。
男性ホルモンは、太く長く成長させるようにして行きますが、まったく影響を受けない部分もあることを知ると、脱毛に対する考え方も変わってくるはずです。

作成者

ページトップへ戻る