ヒゲの悩みは日本人特有?ヒゲの脱毛とムダ毛解消方法

ヒゲの悩みは日本人特有?ヒゲの脱毛とムダ毛解消方法

未分類 0 Comment

日本人が気になる青ひげってなぜ

男性が脱毛を考えるというのは、とても珍しく変わったこととされていた時期がありました。
たしかに、男性は毛深いものというイメージがあるでしょう。
ですが、青ひげになってしまったりすると、単に毛深いということを超えてしまいます。

なんだか嫌らしくも見える青ひげ

青ひげとは、ひげを処理しても青いように見えてしまうことを指します。
皮膚がなんだか青く見えるわけですが、ひげは剃っているのになぜなるんだろうと思うでしょう。

ひげは皮膚の中で作られる体の一部です。
皮膚の下にも当然存在しています。
体の中で作られるのですが、ひげは黒いのに青ひげとは一体と思うでしょう。
これは、肌の色を通して見えるから青ひげになってしまうのであって、どんなに丁寧に剃っても目立ってしまうのです。
体の中で作られる限り青く見えるのですから、脱毛してしまうしか抜け出せないものだということがわかるでしょう。

白人はなぜ青ひげにならないか

そうなると、なぜ白人は青ひげにならないのかということも考えるはずです。
あまり見たことがないでしょう。
体毛が濃い人はいっぱいいるのですが、そんなに青ひげになったりすることもありません。
これには、大きな理由があります。

白人の場合、体内の色素が薄いのです。
そのため、毛は茶色で生えてくるようになります。
ひげも髪の毛も見な色素が薄いことに気がつくでしょう。
そのため、皮膚の色を通しても、青く見えたりすることがないのです。
同じような理由で、ひげも白髪になってしまうと、どんなに剛毛でも青ひげにはなりません。
色素の違いということが、こういったところにも大きな違いを生んでいるのです。
当然のことですが、色素の濃い人になれば、青ひげになる可能性は否定できません。

日焼けをするなら脱毛のほうがいいわけ

ひげの密度と青ひげということも関係しています。
皮膚を通して見えるのですから、密度が高ければ青ひげになるでしょう。
そのため、細くて密度の低い人は、日本人でも青ひげになりません。

青ひげを避けるため、日焼けを考える人もいます。
皮膚の色を濃くすれば、青ひげにならないという考え方です。
ですが、これは一時的なことで、何も改善していません。
それどころか、シミやしわを作る原因となってしまいます。
お金をかけて日焼けをして、肌がボロボロになってしまうぐらいなら、ひげを脱毛してしまったほうがいいでしょう。
ひげがなければ青ひげにはならないのですから、最も理論的な方法だからです。

作成者

ページトップへ戻る